お気遣いなく・・・

ru10720.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

我が家の骨董(?)たち

我が家は多分、私のひいじいちゃん、ひいばあちゃんあたりの世代から
この土地に住んでいる。
家自体は私が生まれる何年か前に立て直したらしい、けど、古い・・・^^;
世代交代を繰り返し、今すんでいるのは私たち夫婦と施設にいる母。の、3人。

だが、箪笥やら着物やら履物やらいったいいつの時代の誰のもんかも分からん
代物がいっぱい、いーーーーーーーーーーっぱいある。
ゆえに、開かずの間と呼ばれる物置が三部屋もある。(と、やや片付けべたを言い訳)
むかーしのいわゆる「長持」(♪たーんすながもちどの子がほしい、の、長持ね)や、
「蚊帳」、天保の時代の「和太鼓」、中に炭を入れて使う和製「アイロン」などなど・・・。
もちろん、使えない。多分。というか、使うつもりはない。
ただ、今の私の世代で処分してしまってはいけないような、悪いような、
そんな歴史を感じさせるので、押入れや、開かずの間に居残っていただいている。

そんな中、まだ新しめなのが大正・昭和の時代を生きたおばの持ち物。
特に和ダンスはいけてる。
d0068000_1158144.jpg
しっぶ~~~い、でしょ?あれ?また私だけ盛り上がってる??^^;
マァマァ・・・
ちなみに、右端の引き出しにぶら下がってるのは私のウサギちゃんのミニバッグ。
あまりに小さくて利用頻度、ほぼゼロ。



d0068000_11591062.jpg
三つの小さな引き出しの真ん中にはこんな小細工の鍵穴が。
閉まったトコ。



d0068000_11595357.jpg
開いたトコ。



d0068000_12114675.jpg
お次は火鉢。これもいつのものか分からない。
そして、あまりの扱いの悪さから、緑青がふいていたりする。
多分、おじいちゃんのだと思うんだけど、もう一つの綺麗なほうは上のおねーちんが持っていって「使っている」。おそるべし、骨董フェチ。
彼女が「これも、それも、あれも、置いといてや。」というもので、捨てられない、というのが開かずの間が片付かない一番の原因。
そういえば、彼女の家には炭を入れる箱や、はさむもの、火箸なんてのも一式あったな。



d0068000_12141347.jpg
ほれ。この裏っかわはもっとすごーく緑色。コワ。


でも、この時代がかった火鉢も、実用性がない、おまけに捨てられない、
となると、どうにか別の使い方を考えないといけない。

・・・・・ゴメン、おじいちゃん。ゴミ箱にしてるよ。ワタシ。
いやーだってさー、きったないしさー、さびついちゃってるしさー。
捨てらんないとなればさー・・・
・・・・・ゴミ箱の前はスリッパ入れてたよなー・・・ごめんよー。
ま、一応、日の目はみてるからさ。気にすんなよ、じーちゃん。
なんか、今日は夢見わるいかもなー。

ジモトモたち、いつか骨董品見学ツアー組もうか??
でも、そのときはお片付けももれなくしてもらうし。軍手必須ね。
[PR]
by ru10720 | 2006-01-25 12:27 | 日ごろのつぶやき

妊婦体験

この日はいつも行ってる市のマタニティ教室のパパさんも一緒にどーぞの日。
約30組の夫婦(一組オカアサンとお見えの方もおられました)が集合。
いつもの教室で顔を合わせる面々もちらほら・・・。

そんな中、知らない人たちにかこまれ緊張しているかと
そぉーっとダンナサンの顔を覗いてみると、結構「素」。
助産師さんのお話を少し聞いて、沐浴の練習。もちろん、パパさんが。
私たちのグループでは私たち夫婦がトップバッター。
人形相手に格闘した覚えのある私は、どうするやろ、と見ていました。
「あれ?意外と上手・・」
耳の後ろのあたりを左手でキュっとはさんで、石鹸でそろそろと頭や体を洗って、
ガーゼでゆすいで・・・と、なんや、えらい簡単にしはるやんか・・・。
なんでやろ・・・と考えているところに助産師さんが一言・・
「お父さん、力があるから軽々ともてるわねー」・・・なるほろ・・。
この方、力持ちだった・・。3kgあたりの人形なんてへの河童よね。
ふーん。。

そして、次にパパさんの妊婦体験。
d0068000_10321139.jpg


d0068000_10325078.jpg

おおよそ5~6kgの妊婦さん体型のおもり。



これをつけて寝転んだ状態から起き上がったり、靴をはいたり、階段を上り下りしたり。
ダンナサン曰く、
「今は短時間やからいいけど、ずっとやとしんどそうやね」。
しめしめ、わかってきたか??そだ、しんどいんだよ、キミ。
私はしんどいんだよ。
うつむいて風呂掃除やトイレ掃除、長時間たっての炊事仕事、洗濯ものの出し入れ、
オジョーのウ○チのかたずけ、雑巾の手洗い、などなどなどなど・・・・・などなどぉ~!
よろしくねー、ダンナサン。(^^)/

とはいえ、最近自発的に灯油を入れに行ってくれたり、重いかばんをもってくれたり、
洗濯物を取り込んでくれたりと、けなげに働いてくれる。ありがたい。
オジョーの次に愛してるぜ。おっとっと・・・

何はともあれ、夫婦そろってなんだか楽しい妊婦教室でした。
記念にダブル妊婦でパチリ。
d0068000_10493727.jpg


                           協力:スパイダーマン、ウルトラマン、オジゾーさん
[PR]
by ru10720 | 2006-01-22 10:21 | ちょっといいかも

心境の変化

新しい年になり、なんぞ心境の変化があったのであろうか・・・。
我が家のオジョー、前々から何かが怖いらしく、
あまり乗り気ではなかった廊下の階段下のトイレ。
お外へはでたがらないし、寒い中、一緒に廊下に出て
「ワンツー。ワンツー。」と号令をかけながらおトイレさせていた。
んが、ついに廊下に出られなくなり、眼前の廊下のトイレシートを見ながら居間でシーっと。
・・・・・やっちゃったー・・・・。
しかも、それにびっくりした私が「あ」と言ったら、
それにさらにびっくりしてソファーの周りをシーっともらしながら逃げた・・・。
トイレットペーパー二巻き分のシーでした。

さすがにこれを二回された日にゃー、「お姉ちゃんでしょ!」と訳の分からん叱責をしてしまった。
で、でないだろうなーと思いつつ、玄関を開けて「トイレ行くよー」と声をかけた。

オロ?玄関のかまちからびょーんと飛び降り、すたこらさっさーと植え込みへ行き、
シーーーーーーーーっと大量になさった。
そして、さらに庭の奥へと突き進み、庭石を飛び越え、植え込みにあがりこんで、
ウンッとひとふんばり。
やればできんぢゃん!!大人になったねー・・・・なのか・・?もらしたけど・・?

とにもかくにも晴れでも雨でも今のところお外のトイレがお気に入り。
ちょっとなとお外で遊んでほしかった私たち夫婦にとっても嬉しい限り。
でも彼女にとってはトイレがすめば、とっとと玄関先に座り、
「はよ開けてー」としっぽふりふり。
玄関のたたきに入って私に体を拭いてもらうのが大好きな彼女。
タオルをしぼりだすといつもにないほど大喜び。後ろ足だけで立って「いやっほー!」
・・・・けっこう重いのよね。17kのあなたをおひざに乗せるのって。

もうじきお腹がせりだしてこんなことは出来なくなる。
となるとダンナサンのお仕事に。「練習しとく?」と聞くと、
「せなあかんようになったらする」という消極的なお返事。
イヌを育てるのも、子を育てるのも基本は同じ。しっかり世話してくれよ。

「育てる」って手のかかるもの。
手のかかるオジョーが我が家にやってきたのはお子様な私たち夫婦への試練だね。

それでも愛してるぜ、オジョー。
[PR]
by ru10720 | 2006-01-17 11:46 | 愛しのオジョー

いまさらながら初詣。

遅まきながら、初詣にいきました。
思いのほか長い休みとなった(つまりは仕事がなかった^^;)ダンナサンと
近場の屯倉神社へ。
d0068000_2120353.jpg

ここは特に特徴もなく、出店もなく、派手でもない。
ほんとに地元の人々のためのヂミィな氏神様(←ばちあたり??)といった感じ。
でも、梅や桜の時期にはわりと見ごたえがあったりもする。
よくお母さんと一緒に缶コーヒー片手にぼーっとしたもんです。

この日も参拝者は私たち二人きり。
でもゆっくり鳩ポッポをみながらほけーっとしてるのもたまにゃいいもんだ。

で、おみくじ。
d0068000_2119271.jpg
す、末吉ですか。
あ、はい、よくばらず、今年も質素な幸せを大切に過ごしてまいります。

でもたまにゃー、こー、どかんと、派手な幸せも感じられると・・
こー、なにかと励みにもなりますんで。はい。よろしく・・・・。
[PR]
by ru10720 | 2006-01-07 21:10 | 特別な出来事

新年、明けましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシクお願いもうしあげます。

ってことで我が家のお正月の食卓風景。
d0068000_1237373.jpg

d0068000_12423831.jpg


なんだか、ヂミィな感じ?(^^;)
箸袋の黄色の部分は家族の名前を筆ペンでかいてあります。
昔はいちいち墨すって小筆だしてぇってしてましたが、その辺は、ま、ま、省略・・。

今年は例年になく黒豆が美味しく出来たのでうれしくって
はやく年明けてぇって思ってました。
お重の中身はほとんどが買ってきて切っただけですが、
いつも黒豆、田作り(ゴマメ)、くわいのたいたん、とお雑煮だけはいちから手作り。
今年はそれに、たたきごぼうと高野豆腐を作ってみました。
結局自分のすきなもんしかつくらない(^-^;)
お雑煮は米麹のお味噌に雑煮大根と金時人参、こいも、焼き豆腐、おもちをいれます。
だしはかつおだけだったり、あわせだったりといろいろ。

おせちも、お雑煮もあんまり好きではないダンナサンの意見をまったく無視して、
毎年必ずお正月三が日の朝は家族そろって、寝巻きをきちんと着替えて
「今年もよろしく」と乾杯してお祝いをする。
なんだか、いろいろ合理化したり、自分の都合の良いように普段暮らしているから、
こういうときだけは昔からのやり方や慣わしを尊重したいと思う。
だって一年の慶は元旦にありでしょう?
日本的要素、お正月くらいは大事にしようよ。

さて、またお昼ご飯のじかんです。
結局のところ、食っちゃ寝ー食っちゃ寝ーの寝正月になりそうですが
それもよし。

皆様もどうぞ良いお正月をお過ごしください。
今年もいっぱいのぞきに来てくださいねー(^0^)/
[PR]
by ru10720 | 2006-01-01 12:58 | 特別な出来事