お気遣いなく・・・

ru10720.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ダンナサンの愛

昨日の夜、ダンナサンの帰りがいつもより少し遅かった。
「仕事、いそがしいんかなぁ。ま、今月半月休んでるし、しっかり働けー^^」と
心の中では鬼のようなことを思いながら、ご飯の支度をしていた。

八時半ころ、いつものように鍵の音にオジョーが反応してワオワオと吠え出した。
「あかーん、あんたはー、またそうやって吠えたら、ダンナサンへこむよー」といいつつ、
お迎えしようかと廊下のほうへ・・・・しかし、彼、なにやらゴトゴトいわしている。
廊下に出てみると、そこには踏み台と、ちょっと「ふふん」という顔をしたダンナサンが。

ほんの数日前にお願いしていた「踏み台」。
おなかが少し大きくなってきて、いつも窓を乗り越えてでていたベランダの
出入りが難しくなってきたので、そこにおく踏み台がほしいと訴えていたワタシ。
忙しいし、まだまだ作ってはもらえないだろうなぁとか、
どっかで買ったほうが早いんかなぁとか考えていたのに、
意外と「仕事が速い」ダンナサンであった。(アウ、怒られる)

彼曰く、「早く作ったげな何かあったらあかんし・・・・」



  ・・・・・・・・・愛ね。
いやー、悪いね。あたし、愛されてるねー。イヤイヤ、皆さん、わりぃねぇ。(←何が?^^;)

で、これがそのシロモノ。
d0068000_1058154.jpg

倉庫のあまり材と買ってきた板で作ってくれたので、色目はチョットチョット、ですが、
窓枠までが約7~80センチかな、ちょっと高いでしょ?
でも、これがあればラクチンラクチン。ィヤッホー(^0^)

おまけにワタシのもうひとつのリクエストは、
「ベランダの草履も入れられるようにしてなぁー」というもの。
やってくれましたがな。「仕事はきっちり」さすが職人。
d0068000_11111673.jpg

一段目の踏み板をパコっとはずせば、あらぴったり。

あーすごいわ。ダンナサン、大工みたい・・・イヤイヤ、大工でんがな。
と、嬉しさのあまりノリツッコミまでしてしまうくらい、嬉しい。

ダンナサン、ありがとう。
裁縫倶楽部の日、せっかくのお休みに留守番させてごめんよ。
朝ごはんも昼ごはんもつくらなくってごめんよ。
お洗濯ちゃんといれといてなーとか言ってごめんよ。
ちょっと出かけるとき見送ってくれなくって「ムッ」として
わざと「怒ってんの?」とか聞いて、
ジモトモ達にも「用事頼んだらむくれてやんのー」とか言って笑ってごめんよ。
それからそれからー・・・・・・

ま、そんくらいやろ。「踏み台」分としては。
イヤー、助かるわ、しかし。
ほんま、あんがとさーん。(←もー踏み台の愛の効力は無くなってきている^^;)
[PR]
by ru10720 | 2005-11-25 11:32 | ちょっといいかも

裁縫倶楽部

祝日に珍しく休みだったダンナサンを残して、お昼前からジモトモh宅へ。
いつもの主婦連プラス、職業婦人2名でチクチクお裁縫。
前回食ってばっかりでその日の大半を過ごしてしまった裁縫倶楽部でしたが、
(ちなみにその時裁断したスカートはまだ布のまま・・・^^;)
今回はなぜかみなさんガゼンやる気。
ワタシは結構前回よりヤル気がなく、手ぶらで訪問したのだが、
たけちゃんの持ってきてた切抜きのコサージュに反応。
「作ってみよっかなー・・・」

ってことで、できたのがこれ。
d0068000_1495261.jpg




真ん中の脳みそみたいなトコはたけちゃんが作ってくれました。(ゴメン)
生地を小さくカットして二枚あわせて端っこをチクチク、ザクザク手縫い。
で、重ねて真ん中をちょちょっと縫って、裏にブローチピンをつけて出来上がり。
カットした小さい布をチクチク縫うのは結構集中してつかれました。
無地のニットが多いワタシとしては、結構色目的にも使えそうです。
ステッチの素人臭さはまぁ、ご愛嬌と言うことで・・・^^

で、やっぱり雑然とした制作風景も残しておくべきかとパチリ。
d0068000_14145995.jpg



手前の青いマイクはジモトモhのとこのyチロのおもちゃ。
この日も大暴れ&大泣きでyチロパワー炸裂。ジモトモhのキレ具合がおもろかった。
「あんたーえー加減にしときやー」とまるで夫婦ゲンカ。yチロ恐るべし。

エイメンの長男r兄タロはこけて眼の横を机の角で強打。
ちょっと穴があいたようになって、縫う羽目に。
病院で目の横を縫ったのに「ご飯食べれるぅ?」と聞く辺り、さすが食いしん坊将軍。
思いのほか元気でよかった。
子どもってすごくタイヘン。でもおもろい。でもタイヘン。・・・・・覚悟しとかなきゃ・・・

とにかく、いつも通り楽しくてあっというまでした。
かなり疲れたらしく夜はダンナサンより早く寝付きました。ホホホ。
またあそぼーねぇ。
[PR]
by ru10720 | 2005-11-24 14:24 | ちょっといいかも

腹帯なのよーん

本日、お日柄的にはあんまり、かもしれませんが、
腹帯を頂きに中山寺へ行ってきました。
ダンナサンの両親(こういう場合舅と姑というのでしょうか)とワタシたち夫婦で。
d0068000_19533599.jpg

d0068000_19551059.jpg
初めてお参りしたのですが、大きくて人が多くてびっくりしました。
ちょうど七五三の時期でもあったので、余計かもしれませんが、やたらとチビさん連れの家族がおおかった。
お宮参りもおおかったな。

こちらが頂いてきた腹帯セット。7000円也。
d0068000_19584586.jpg


今日記入してきた申し込み用紙を元に、
ご祈祷いただいたお札を後日お送り下さるとの事。
ありがたや、ありがたや、お高いや・・・

五ヶ月目の戌の日に戌年の人に巻いてもらうといいそうです。
私の場合、来月病院で巻いてもらう予定ですが、
きっとそういう場合、戌年の人とかではないんだろうな。
ま、こういうのは気のモンって事だし、しっかりご祈祷していただいてるはずだし、
いいよ、いいよ。それくらい。

お昼ごはんは中山寺近くの三田屋さんでゴージャスランチ。
昼間っからステーキ。しかもご馳走になって。うっきっきー。
お腹あんまりすいてなかったけど、食べる食べる。入れる入れる。^^;
ゴチでした。
おまけに晩御飯もダンナサンの妹カップルを交えて、うどんすきをゴチになりました。
あーーーーー、お腹いっぱい。しゃーわせぇー。

それにしても知らないことがいっぱい。
家の中に戌年の人(同じ干支の人、かな?)が三人居ると縁起がいいらしく、
我が家は夫婦が戌年なので、来年生まれるベビーをいれて三人。ヤホッ!
正真正銘のお犬様のオジョーがいるから、今でも三人(?)といえば三人・・・。
ふふふふん、なんか得した気分(←何が?)

とにかく、賑やかで幸せな家族になれますように。(合掌)
[PR]
by ru10720 | 2005-11-20 20:17 | 特別な出来事

新しい敵

買っちゃいましたー。
加湿器。しかも結構高いのん。
かの有名なカタログハウスの「通販生活」と言うカタログの中でアタック25の司会でおなじみ児玉清氏が「これはいいですよ」と言っている一こまに吸い寄せられました。
買ったのはこれ。
d0068000_19295644.jpg

結構なおおきさでしょう?デロンギ社のものです。
最大35畳までということですが、我が家で設置するのは通常12畳の台所兼居間と、
そのとなりの和室二間の間なので、全部開けっ放しにしても十分なくらい。
オジョーのオトイレのために、居間の引き戸は体の幅の分だけ開けっ放しなので、
もしかして廊下も潤ったりして。

熱い蒸気が噴出さず、小さいお子さんがいても安心。
児玉さんも「ウチには小さい孫がいますので、これなら安心!」とのたまっておられたし。
あぁ、児玉さん、なんてステキなおじ様。
(余談ですが、大学生の頃朝日放送でアタック25の観覧席でサクラとして座ると言うバイトが  あり、ナマ児玉は経験ずみなワタシ。一回3000円でお土産ももらったわ。)

ただ、忘れてならないのが、我が家の場合オジョーの存在。
案の定、宅急便で届いた瞬間から背中の毛を逆立てて、
イッチョコ前に吠えるんだけど、しっぽは後ろ足の間に巻き込み、ブルブル震える始末。
あたらしい家具や家電が増えるたびに、彼女にとっては天敵がやってきたかのごとく
警戒し、びびります。はァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・。

オジョー、加湿器はあなたをとって食ったりしないから。ご心配なく。
d0068000_19474910.jpg

[PR]
by ru10720 | 2005-11-14 19:52 | 日ごろのつぶやき

展覧会

本日、例の書道の展覧会最終日に見に行ってきました。

d0068000_19575463.jpg



やっぱ、表装をきちんとしてもらうと「作品」っぽくなってました。
今回高いほうのいい表装にしといたからかな。

同時に同じ教室の人たちの作品や、先生方の作品、
今は体調をくずされて「ご隠居」なさっている会長先生の作品なども見てきました。
やっぱり違うよなーッと(当然ですが)みとれつつ、
いつかワタシもこんな風にたくさんの作品を書いて、個展がしたいなと思いました。
(40歳でお花のアレンジをする友達と個展をしようといってたのですが、
 その子も今年出産、ワタシも来年ということで、子どもが大きくなってからに変更。)
ほんと、いつになるやら。でも、いつかやります。

会長先生はもう77歳で、筆を持つ事も、日常生活もままならないほど
体調を崩されているご様子。
なので、ワタシ達生徒は現在はその娘さんとお弟子さんに習っています。
でも、すごく正直なところ会長先生とちょっと文字の雰囲気も、
指導のされ方も違うので、今は習い始めた頃の気持ちとは違うかなーと感じています。
ま、そんなエラソーなこといえるほど、熱心に書いてもないけど・・^^;。

細々とがんばりまーす。(下2点とも会長先生の作品です。かっこええー)
d0068000_20134696.jpg
d0068000_20151812.jpg
[PR]
by ru10720 | 2005-11-13 19:52 | 日ごろのつぶやき

ご心配をば・・・

皆々様、大変ご心配をおかけいたしました。
ようやくダンナサンの病気?が良くなってきました。
というか、お熱の原因がわかりました。

アレルギー体質から来る「気管支喘息」・・・・今度はぜんそくかぁ・・・・
遠まわしに、いや、直球でか・・「しっかり掃除せんかい、ボケ」とけりを食らった感じです。
ま、もともとアレルギーがあったし、その原因はさまざまで、年がら年中
お鼻グジュグジュはしてたけどね。
気管支が弱くて、季節の変わり目と言うこの時期に、アレルギーがでやすかったんでしょうか。
オジョーの毛やらほこりやらなにやら分かりませんが、
総合的に彼にとっては悪く働いたのでしょう。
お掃除、してるんだけど、これじゃー足らんちゅうーことね。
わーかったよ。クイックルして、掃除機して、水ぶきしてってのを毎日すればいいのね。
え?普通??あれー??(←掃除べた発覚????)

みなさん、どうやって毎日掃除してます?
毎日床の水ぶきって普通なん??
松居一代だけじゃないの?毎日床拭くのって??d0068000_1521340.jpg

もしかして、松居棒もヒチュジュヒン???
d0068000_15233450.jpg

がーーーーーーーーーーーーーん!!!!!
[PR]
by ru10720 | 2005-11-10 15:25 | 日ごろのつぶやき

びっくらこき続き・・・

・・・・なおらへん。
ダンナサン、不調続き。ひーん、どーしたらええねん。

11/2 出血→病院(耳鼻科)→抗菌剤・鼻炎の炎症止め・解熱・痛み止め投薬
11/4 耳のガーゼ交換→抗菌剤・鼻炎炎症止め・解熱・痛み止め(前回と違うの)投薬
     夕方薬のんだあと、発熱。39.26度。一時間おきに汗の為着替え、冷やす。
11/5 昨日と違う先生。(あややの物真似をする前ケンにそっくり) 
     耳のガーゼ交換→薬の副作用の発熱でないかと訴えるも中耳炎は発熱するの         で薬を飲んで冷やすようにとのこと。
     昨日の薬を引き続き飲む→発熱収まらず、昨日と同じくほとんど眠れない。
11/6 昨日と違う先生。(寝癖がひどい)
     耳のガーゼ交換→やはり薬のことが気になり、発熱のことを訴える。
     薬が合わないか耳意外に原因があるかもしれないから内科に申し送りするとのこと。
     薬を変更→発熱おさまる。
11/7 朝から耳鼻科でガーゼ交換。鼓膜を切開、膿を出し切り、手当て。
     内科で血液検査、レントゲン、検尿。
     検査結果、尿は体が炎症をおこしているという数値がでてる。
     血液は白血球がほんの少し大目。
     レントゲンは気管支肺炎らしきものがみられる。
     ので、今の炎症を抑える薬を引き続き飲んで、水曜日にもう一度検査。

帰ってきたのは・・・・夕方5時半。
おかげで、途中ワタクシ貧血起こしてしまいました。久々に貧血体験。

なんだか非常につかれました。
心配するのってしんどいな。頼まれてするもんでないから、しなきゃいいんだけど、
でもやっぱり大事な人のことは心配してしまう。
早くよくなってほしいな。

ブログで知り合った方のご家族も大変な病気ですごく心配されていた。
その方は心配するだけでなく、実際に看病もその他の家族の心のことまでも
気にかけてフォローされている。すごいなーと思う。
ワタシなんてオロオロして、あたふたして、なきそーになる。

家族。健康。大事だなってこういうときに気づくよね。
皆さんもご自分含め、ご家族も大切に。
[PR]
by ru10720 | 2005-11-07 21:52 | 哀しい出来事

びっくらこいた。

出血した。死ぬかと思った。もうだめだと。


いや、ワタシでなく、ダンナサンが・・・。
しかも、耳から。

先日の「撃沈」以降、体調がかんばしくなかったダンナサン。
昨日の夜も、ゲヘゴホガハ、と咳をして、ブビーズビズバー、と鼻をかみ
早めに床につかれました。
そして、明け方4時半ころ、なんか隣で息づかい荒いなーと目が覚めたところ、
左耳をおさえて顔をしかめていたかと思ったら、
「いた・・」といって指を耳の穴に入れてなにやら確認・・・

ダ:「血ィ出てきた・・・・・。」

る:「どぇえ~????」

あわてて元看護士の義理のハハに電話。
(大工なファミリーは朝が早いので朝五時の電話でもOK)
ハハの忠告どおり、手足の痺れがないかチェック後、
耳鼻科のある大き目の病院へいくことにして、とりあえず時間まで頭を冷やして安静に。

妊婦、なれない道にヒヤヒヤしながら、近大医学部付属病院まで運転。
病院の大きさと、対応の早さにびっくらしながら、
医学部助教授の診察を受けることに。

助教授:「あー、鼓膜やぶれてるね。中耳炎やっちゃったねー」

ダ&る:「・・・・・ち、中耳炎・・・」

なんと、風邪でズビズバーと鼻をかんでいるうちに、
鼻の細菌が耳管をとおって鼓膜のほうへまわり、膿み、
その圧で鼓膜が破れた時に毛細血管を切ったらしい・・・。

みなさん、鼻をかむ時はソフトに片方ずつかみましょう。
絶対、ズビズバーはだめですよ。

もーーー、びっくらこいて、産み落としそうになったわ。
[PR]
by ru10720 | 2005-11-02 21:49 | 特別な出来事