お気遣いなく・・・

ru10720.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:たまにはまじめに考えた( 9 )

すっごくおはよう

おはようございます。
本日は起床3:45です。
昨日今日とダンナサンが姫路で仕事。
お弁当はいらないので寝ていればいいよとは言われたけども、
万が一今日ダンナサンになんかあったら・・という病的心配症から(^^;)
いつもと違うことをするのが嫌なのでとりあえず起きて送り出した。

で、何時からやってるのかわからないけど、
4:55にフジテレビ(関西テレビ)をつけたら、
関西テレビのビルを中心においたまだ暗い町を映す定点カメラの映像だった。
約五分ほどず~っとその画像を見ていたら、またまた以前に書いたようなせんちめんたるぅな気分に。
あたしってほんとに単純。
暗い映像の中、通り過ぎる小さな車のライト、
チカチカする関テレ屋上のヘリポートの赤いランプ、
ついたり消えたりするマンションの灯り。
                       みんな生きてるんだなぁ…


あ、今誰か鼻でわろたな!
ええねん、ええねん、たまにゃあたしもしみじみしたりするんや。
毎日毎日おんなじようなこと繰り返して「生活してるだけ」になりがちやけど、
ふとしたことに「生活」じゃなくて「生きてる」と感じることがあたしには大切なのよん。たぶん。
その方がなんとなくその日一日を大事にできるようなきがするのよ。

とかいって、あと数時間してhが起きてきたら
すぐ「きぃ~っ!!」とか言っていつも通りのマジギレばかハハになっちゃうけどねー^0^;
あぁ、理想の母は遠いわ…
[PR]
by ru10720 | 2009-02-24 05:36 | たまにはまじめに考えた

げーてっど

今朝の新聞見て「そらどーやの?」とつっこんでしまった。
皆さん、「ゲーテッド」って聞いたことあります?
私は初めて知ったんですが、アメリカの高級住宅地などでは普通のようです。
富裕層の住宅街一帯をフェンスや外壁でかこみ、警備員が監視を始終していて、
まるで安全地帯の陸の孤島。
それが日本でもいくつかつくられつつあるそうな。

ご存じ富裕層の集合地、兵庫県芦屋市の浜辺には庭先にクルーザーを係留できる
お住まいをお持ちの方々が、ゲートや監視カメラ、警備員による24時間体制の監視のもと
囲いの中にお住まいだそうです。
はたまた岐阜県では芦屋ほどではないにせよ、
そこそこ4~5千万の家を所有する方々が囲いの中の101戸にお住まい。

みなさん、声を揃えておっしゃるのは
「きちんとしたお仕事のきちんとした身元の方々が集まって住んでいるから安心。」

・・・・ほんとですか・・・。

なんかうすら寒い感じをしたのはわたしだけでしょか。
富裕層とはご縁のない立場の者の僻み根性と言われたらそれまでだけど、
ほんっとに自分のとこだけよかったらそんでええ、というか、
お金をもっている人だけが生きてるとおもってない?と尋ねたくなるような…。
それに、裕福なご家庭で近年殺人事件とか続いてませんでした?
ま、そこまで言うと、これまた偏見といわれるでしょうけど。

人種差別や偏見を克服しようとして表向きは多少収まりつつあるアメリカの後追いを続ける日本(日本にも差別や偏見はあるけどね)、このゲーテッドがまた差別や偏見を産まないことを心から願う。

・・・ダイジョブ?ワタシ。イタイ人になってないよね?
[PR]
by ru10720 | 2008-10-13 10:47 | たまにはまじめに考えた

スターたるもの

俳優のポール・ニューマンさんが亡くなられましたね。
彼自身のファンではないのだけれど、
何年か前、「もう満足できるレベルの仕事ができない」と俳優業から引退。
この潔さというか、きっちりしたはる感じがすごくかっこよかった。
亡くなられた直接的な原因はがんだそうですが、
その瞬間、「まだがんばらなければ。」と思われたのか、
「もうここらでいい。」と思われたのか。

病で命を奪われるのはやっぱり不本意だと思うけど、
やれるだけのこと、するべきことをきちんとしてきた人はいい顔して旅立てるのかな、
と思ったりもする。
でも若いと無理だろな。残される人のこと考えるとたまらんやろしね。
よく長生きしすぎるのもどうか、ということが言われるけど、
きちんと生きていたら長く生きても自分にも周りにもいい時間が長く続くような気がするけどな。

そこで考える、「きちんと」とはなんぞ?
難しいようで、難しないようで、やっぱり難しい…
人づきあいから仕事から勉強からはたまた先祖供養まで。
多岐にわたってするべきことはいっぱい。
それにさらにやりたいことなんてのまで欲張ってしまう。
なんとも人間さまは欲深い^^;
でも、いい「加減」のところでおいておかないと、
人間さまも機械の部品が摩耗するように、疲れてしまうからねー。

私は自分で自分が嫌いにならないよう生きていけたらいいかな。
あちらに行く時、きっとなんぼ歳いってても私は「まだあれも食べたい。あれもしたい」と
欲の塊になってそうな気はするけど、
「あんなことして悪かった。」とは思いたくはないな。

ポール・ニューマンからえらい話になったけど、
私はスターではないのでそうそうかっこよくはいかれへんけど、
かわいいばあちゃんになっておいしいもん食べたあとにぽっくりいきたいなぁ。

朝から、なんのこっちゃ。

あかん、眠たいわ。昨日も夜中hが布団かぶらんと寝るから
気になって何べんもおきてしもたわ。もっぺん寝よか・・(←すでに「きちんと」ではない・・・^^;)
[PR]
by ru10720 | 2008-09-29 07:21 | たまにはまじめに考えた

最近きになる命のこと

なんだか、最近ラジオを聞いていて気になる歌は
命について謳うものが多いように思う。

たとえば、
ROCK`A`TRENCH の Every Sunday Afternoon ROCK'A'TRENCH 歌詞情報 - goo 音楽
 


病院に入院している女の子の歌だけど、
歌詞をききこみながら車を運転していて、うっかりなきそうになってしまった。

 
  人生は長さじゃなく どう生きるかなの 
    
 
なんだか、ありふれてる言葉ばかりだけど、音にのせて聞くとすごくじーんときたんですわ。
なんでも難病のアシュリーちゃんから影響されてかかれた詩だそうな。
12月にクアトロでワンマンライブがある模様。ちょっと興味ありかも。

あと、RADWIMPS の オーダーメイド RADWIMPS 歌詞情報 - goo 音楽



この曲は一か所の歌詞というより、全体を聞いた時のほぉ~!
「歌を作る人はこんな風にかんじるんやぁー」という驚きと感嘆ってかんじ。

なんだか、近頃親子間での殺人とか、
アフガンでのあんないいことしてた人の理不尽な死だとか、
悲しくなることが多いから、「生きること」「命があるということ」なんてこと
ついついふとした時に考えたりしてしまう。
これって親になって「自分が守らないといけない命」をそばにかんじているからかな。
「命の大切さ」なんて大げさにいわれなくたって誰でもがわかっていたことなのに、
今はそんなこともわからなくなってるのかな。
それとも大げさにでも伝える義務を放棄してしまった人が増えたのかな。

今、自分が伝えるべき側の年齢になって、どうやってつたえたらいいのかと考えると
やっぱり難しいけど、小さきもの弱きものをいつくしみ、責任と感謝の気持ちを持って送る、
これってうちならオジョーがきっと身をもっておしえてくれるんだろうな。
オジョー、大切な任務、まかせたぞ。

おい、そこで雷にビビってるあーたよ、あーた。
頼むでしかし…             
[PR]
by ru10720 | 2008-08-29 18:31 | たまにはまじめに考えた

同期会

ワタシが以前勤めていた会社は北陸に本社がある。
平成5年に入社したワタシたちは結構な仲良しさんで
入社後すぐの研修中に夜中まで飲み歩き、
はたまたその後何年かは夏のバーベキューや年末の忘年会をするためだけに
わざわざ大阪や名古屋や東京から本社のある北陸に集まっていた。

あれからもう今年で15年。
ワタシが退社して4年経った。
その同期達もそれぞれ結婚したり、転勤があったり、
転職したり、現役でバリバリ働いてたりとさまざまな年月を経てきた。

そして今月、「同窓会」をすることになったらしい。
「らしい」というのはワタシは参加できないので詳しく聞いていないので・・。
ちょっと・・というかかなーりかなぁあり残念なんだけど、
今月は所用が重なったり、まだhと二人で特急に乗って旅行するのに不安があったりで
泣く泣くあきらめました。

でも誘ってもらえたこと、企画してくれる人がいたことにすごく感謝。
在職中にもそう思っていたけど、ステキな仲間に出会えたことが
ほんとに嬉しい。

なにかとせちがらい世の中、同期といい、ジモトモといい、
心の底からダイスキといえる人たちに出会え、囲まれていること、
誰に言えばいいのかわからないけど、
ありがとーーーーーーーーーーーーー。
[PR]
by ru10720 | 2008-03-15 22:27 | たまにはまじめに考えた

ワクチン

新聞にがんに効くワクチンが開発されたとあった。
まだ誰にでも、という段階ではなく、標準的な治療では間に合わない場合、
あくまで「研究」に協力してもらうと言う形で使用されるとか。

でも、これまでほぼお手上げに近かったすい臓がんの方々にも効果が期待できるとか。

今、すい臓がんで苦しんでいる人のためにも早く新薬として出回ってほしい。
なんだか新聞読んで涙があふれた。
ちょっとくやしかったのかも。

「おとーちゃんには全然間にあわんかったなー」

もう、26年も前。
医学は進歩してるんだね。
厚生労働省、わかってるやろーな。認可、いそげよ。

なんかちょっと言っておきたかったんだなー。
[PR]
by ru10720 | 2007-10-07 00:09 | たまにはまじめに考えた

今日はちょっと重め・・・

夢見が悪く、朝っぱらからなんだかブルー・・・
はきだしていいかしら。(聞いているが、返事はきかず、いっちゃうけど)


ワタシのハハは現在老人保健施設というところに入っている。
ここへたどり着くまではいわゆる精神科病棟に入院していた。
その病院に入るまでの何年か、いや、何ヶ月か、
ハハは多分これまで背負っていたいろんな出来事や気持ちに押しつぶされ
自分の力ではどうにもできなくなっていたと思う。
ワタシはそれに気づくのが遅かったし、努力もできなかったと思う。
自分の将来への不安や、期待が先行して、ハハの力になっていなかった。
これは認めざるを得ない。
ただ、毎日毎日どんどん壊れていくハハを目の当たりにしながら
なんとかしたいのになんともできない自分を責め、
いっそ一緒に消えてしまいたいとさえ思っていたのも事実。
(今はそんなバカな事思ってたなーくらいだけど)
外泊で家に戻り、また病院へ送っていった帰り、
心苦しさと寂しさで泣けて泣けて、車が運転できなかったことも。

そんな気持ちも、毎日の暮らしぶりもしらない人に面と向かって
「自分が楽になりたいから施設にいれるんやろ」と言われたことは
10年近くたった今も悔しくて悲しくて心につきささっている。

今朝、またそのときの夢をみてしまった。
何度となくみた同じ夢。
やっぱり心のどこかで「楽」になりたかった自分がいたからかも。
今、特に不満も不自由もなく、(あ、ジェニ(銭)の面では不自由ですが^^;)
毎日毎日しあわせーなんて言って暮らしていることに、
なんとなく後ろめたさににた気持ちがちらほらしているのもそのせいだろうな。

ハハのいる施設や、以前いた病院にはそんな「壊れて」しまった人がたくさん。
「おかあさーん、お腹すいたよー」と言いながら廊下をはっているおばあさん。
「生徒におしえてやらないかん」が口癖のおもらしをした元教師のおじいさん。
見ているだけで涙があふれてくる。
いったいこの人たちが何をしたというのか。
一生懸命生きてきて、どうして今、壊れてしまわないといけないのか。
ワタシたちはこの人たちに何ができるのか。何を学ぶべきなのか。
今も分からないから、ワタシは相手が理解できなくても、
きちんと頭を下げて挨拶だけはするようにしている。あたりまえですけどね。

なんだよー祝日の朝っぱらから暗いなー!!
って怒られたくないからというわけではないけど、
そんなウシロクライ気持ちはほんと、「ちらほら」、いや、「ちら」くらいで
普段はぽけぇ~っと「しあわしぇ~~~~」って言ってるからご心配なく。
ちょっとね、夢見がね。すんませんな、はきださせてもらいましたわ。

ほれほれ今日もしあわしぇ~の素がわろてます。
見たって見たって。
d0068000_9215352.jpg


あぁ~~~~~~しゃわしぇ~~~~~~~~~っっっ(*^^*)
[PR]
by ru10720 | 2006-09-23 09:52 | たまにはまじめに考えた

どーなってんの?

月が替わって早々に、なんなんですが・・

最近のニュース、聞くのいやになりませんか?

小さい子供が狙われて、狙われるだけでなく、命を奪われる・・・
自分より弱い、それも比較にならないほど弱いウサギなどの小動物を殺す・・
「終の住処」の思いで買ったマンションが、普通にすんでいても壊れてしまう砂の城・・・
そして挙句の果てに、大の大人が罪のなすりあい・・・

あんたらもっぺん幼稚園からでなおしといで。

人を傷つけたらあかん。
困ってる人には手を差し伸べよう。
うそはついたらあかん。
悪いことしたら「ごめんなさい」。
人に何かしてもらったら「ありがとう」。

だーれもこんな当たり前の事言うてくれんかったんか?

なんでなん。保身のため?体裁のため?
だから嘘つくの?まわりは傷つけていいの?

そうやって生きてて、お腹の底から笑える?

悪いことをした人にも、それぞれの人生があって、
苦労や心労があったかもしれない。
つらかったね、悲しかったね、そう言ってくれる人がいなかったかもしれない。
でも、それがその人の進む道だと思う。
乗り越えても乗り越えても山ばっかりと思う道であっても、
それがその人にとっての「生きる」ということ。

昔の人は「苦労は買ってでもしろ」と言ったらしい。
それはどうよ、と思う現代っ子なワタシだけど、
「苦労」を「苦労」だと思えるうちはなんてこたない、と思う。
そんなこと思う暇なく暮らしているのがほんとの「苦労」じゃないかな。
それにほんとの苦労人は周りにやさしいもんだとも。

それでなくとも、多かれ少なかれ、気づかずに周りを傷つけてるはずなんだから
ちっとくらい気を使って暮らしたところでバチはあたらんとおもうよ。

なーんて偉そうなこと言えた義理ではありませんが、
あまりにもアホな輩が世を賑わしてて、イィ~~~ッとなってしまいました。
朝っぱらからどうも失礼。
こんなときはオジョーにおまかせ。癒してぇん。
d0068000_9392433.jpg



読み返して気づいたこと。
ワタシ、ほんまに腹立ってると文章がやたら河内弁丸出しやわ。オハズカヒ。
[PR]
by ru10720 | 2005-12-02 09:41 | たまにはまじめに考えた

おぉ!続いてるやん!


祝!丸一ヶ月突破!

いやぁ、続きましたねぇ。
アナログ日記最長4日のこのワタシ。
文明の利器のおかげか、
それとも、ワタシという人の生活の変化からくるヒマ余裕がなせる技か・・・・
どちらにせよ、ごく少数ではあるものの見に来てくださる方がおられてこそ、
張り合いも出て続いたのかもしれません。ありがとうございます・・・・

って、ここまで書くと、丸一年とか三年とか経ってるような感じ
・・い、一ヶ月です(^-^;



d0068000_11595094.jpgちなみに今日はワタシの古くからの友人、Tのお誕生日。
七夕生まれのため、お父さんが七夕にちなんだ漢字を使って命名されたそうな。
すごくいいはなしよねぇ、いっつもステキィと思っております。


そんなワタシもあと半月もすると誕生日を迎えます。
「あぁ、また歳とるのねぇ・・・」とややブルー。
ややもすれば人生折り返しかとも思える年齢になり、
ふと来し方を振り返ってみた。
とくに問題を起こすこともなく、フツーに育ち、大学受験や
車の免許取得の試験にも失敗することなく、就職浪人もせず、
なぁーんとなくここまで来たかも。

でも、そのなーんとなく来れたと思えるのはきっと
「なーんも心配いらんよー」って言ってくれる人たちがいたから。
ウフン、アリガトウ、ミナサン。

しかーし、人生折り返しだろうとなかろうと、ここで終わるわけではない。
これから何が起こるとも知れないこのコンクリートジャングルで
・・イヤイヤ何カマチガッテル・・
これからだってもしかしたら仕事を始めて新しい自分を発見したり、
趣味が高じてその道のプロになったり、
子どもができて違うフィールドで世界観がかわったり、
宝くじが当たって人が変わったり・・・

よくいろんな分野で成功(あまり好きな言葉ではないですが)した方々が
「何かを始めるのに『遅過ぎる』ということはない」
という意味のことを仰ってますが
正直なところ、人それぞれおかれている環境が違うから、
あんまりその言葉そのものに「そだねー」とはうなずけない。
でも、ココロザシ的にはうなずける。
何も思わず過ぎていくよりも、
あーしよーこーしよーと気持ち的に目標みたいなものがあったら
やっぱりハリがあると思うから。

「ハリ」って大事よね。ココロにも、お肌にも。


さて、今日は7月生まれのワタシと友人Tともひとりの30オンナ3バカトリオで
お誕生日会です。ダンナサンも彼氏もほっぽらかして楽しんできまーす。

[PR]
by ru10720 | 2005-07-07 12:06 | たまにはまじめに考えた